自動車の駆動方式4WD・2WDとは?

4WD・2WDってなに?違いはなに?

4WD・2WDってなに?違いはなに?

 
自動車用語でもっとも目にし、耳にする機会が多いのが4WD・2WDではないでしょうか?
頻繁に触れる機会の多い用語ですが、実際には何を意味するのかピンとこないのが自動車用語の特徴です。

 

今回は、そんな4WDと2WDの違いと特徴についてご説明させて頂きます。

 

自動車の駆動方式には様々な種類があります

 

自動車という乗り物には、多くの機関構造があります。
それらを組み合わせて快適な乗り物に仕上げられているのが、自動車の基本となっています。
乗り物である以上、動かすためにはエンジンが生み出したパワーを、どうやって発揮するか?という問題が付き物。
そして、そのパワーをどのようにタイヤに伝えるか、という方法を「駆動方式」と言います。

 

皆さんが触れる機会の多い4WD・2WDといった用語は、この駆動方式のひとつです。

 

4WD・2WDの意味って?

 

自動車という乗り物にはタイヤが4つ付いているのが基本です。
4WD・2WDというのは、そのタイヤの駆動数を意味する用語となっております。
英語に直すと、以下の通りとなります。
4WD → Four Wheel Drive
2WD → Two Wheel Drive

 

直訳すると、4WDは「4輪駆動」、2WDは「2輪駆動」となります。
一般的な車は2WDですので、4WDというのが仕様上では区別化の意味合いで使われることが多いと言えます。

 

実際の4WDって一般的な2WDと何が違うの?

これは自動車というものが、4つのタイヤで自重を支える乗り物である事と関係があります。
多くの車が2つのタイヤを駆動させることによって、車体を動かしているのですが、それでは極めてバランスが低下する環境があります。
例えば、雨で濡れた路面や雪道、未舗装道路などがその最たる例です。

 

これらには全て共通事項があり、摩擦抵抗が少なくなり、2輪駆動ではパワーの伝達が弱くて安定性の欠いてしまうという事です。
4つのタイヤを持つ自動車ならではの問題であり、いかにも2輪だけではパワーバランスが悪くなってしまう、という事がご理解頂けたかと思います。
その安定性・パワーにかける部分を補うための駆動方式が4WD。
全てのタイヤが同じパワーを発揮することにより、摩擦抵抗を相殺することによって安定性を確保する、というのが4WDの大きな特徴です。

 

また、4つのタイヤ全てが動く、ということは、全てのタイヤにエンジンブレーキが働く、という事も意味します。
雪道や傾斜のきつい道路でも、4WDならば制動能力が安定して発揮され、安全性の確保という効果も合わせて発揮されます。
パリ-ダカールラリーなど、過酷な走行条件のレースに参加する車両は、ほぼ例外なく4WDであるのはこうした理由によるものです。
近年ではワゴン・ミニバン系統の車も4WD設定のあるモデルが増えており、安全性の確保に配慮されています。
ウィンタースポーツでの利用予定がある方なら、4WDモードを実装している車に乗り換えるのは大いに有効な選択肢と言えます。

 

 

4WDもいいところだけではない? こんなデメリットも

高い走破性と安全性を誇る4WDですが、メリットがあるからには当然デメリットも存在しています。
それは「燃費性能」の悪化という点です。

 

基本的に自動車が2輪のみでパワーを出力するのは、限りある燃料を少しでも有効活用する、という基本コンセプトがあります。
車体重量が重い自動車ですが、大きなエンジンが生み出すパワーは、その車体を動かすには2輪でも十分だからです。
その駆動機関が2倍に増えるわけですから、エンジンはその2倍のパワーを発揮するため、燃料を多く消費する必要があります。
これが燃費が悪化する原因です。

 

4WDにはいくつかのタイプがあり、手動で2WD・4WDのモードを切り替える「パートタイム4WD」がもっとも一般的。
やや高価な車両の場合には、自動的に走行状態をコンピューターが検知し、モードを切り替える「リアルタイム4WD」というタイプもあります
車種によっては常時4WD固定で走る「フルタイム4WD」というタイプもありますが、基本的には前者2タイプが主流となっています。

 

(なんだか最近、燃費が悪くなって…)とお考えの方の場合、案外このモードが2WDから4WDになったままだった、という事も多々あります。
正しい知識を持ち、上手に車を維持していくのが損をしないオーナーへの第一歩となります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説