高額査定を得るためのポイント|傷のリペア

買取査定前の車のキズの直し方

消せそうな傷は消しておこう! お手軽グッズでのキズの直し方とは?

車のキズ修理

 

 

駐車していたらいたずらで傷がつけられていた…。

 

やり場のない怒りに襲われる出来事ですが、車体への傷は小さくないマイナス評価のポイントです。
費用対効果の観点上、自分で直せるレベルの傷であれば直しておくに越したことはありません。
洗車後は傷を見つけやすい絶好の機会ですので、発見後はカー用品店に愛車のコンディション確認を兼ねてドライブしてみましょう。

キズ修理方法

表面の塗装が少し擦れた跡が見える程度の浅い傷であれば、細めのコンパウンドで軽く磨くだけでOKです。
スポンジにコンパウンドを取って磨き、キュッキュッと音がしてくれば経過良好の証。力加減を調整しながら、目視で十分リペア可能です。
あとは仕上げに極細のコンパウンドで磨いてやればすっかり綺麗になります。

 

10円キズと呼ばれる長めの引っ掻き傷の場合、大概が下地の金属まで見える厄介なものです。
しかし、これをオールペンで修復するにはかなりの出費を覚悟することになり、買取前のリペア作業としてはおすすめできません。
補修したからと言っても補修分の金額が上乗せされることは皆無で、こちらの持ち出し損で終わってしまいます。
ならば、カー用品店で購入できる「タッチアップペン」を使用して自分でリペアしましょう。
車には純正色が設定されており、カー用品店に愛車を持ち込んで純正色をチェックしてもらえば、間違いなく同色のタッチアップペンを選ぶことができます。
購入時には極細のコンパウンドとスポンジを合わせて購入し、軽めに磨いた後にサンドペーパーで傷の箇所の塗装をならします。
その後はシリコンオフを使用して綺麗に拭き取り、塗装の妨げとなる油分を除去しましょう。
下地の処理が済んだら、あとはタッチアップペンを丁寧に走らせてリペアすればOK。
上手に仕上げるコツは製品や季節によっても差がありますので、カー用品店のスタッフに相談しながら手順を聞いておくとよりGOODです。

知らないと損をする!愛車を査定に出す前に一括査定業者をチェック!

 

▼▼おすすめの車買取り一括査定業者TOP5 ▼▼

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説