車買取り業者に高く売れる車の条件・仕様とは?|低走行車両

高額買取条件④:低走行車

低走行車は評価高め! 車は乗ることで目減りする「資産」!

中古車(低走行)

 

低走行距離車は高く売れる

 

中古車業者への査定依頼を行う場合、必須項目となっているのが走行距離です。

 

低走行距離

車は購入するためにそれなりの金額が必要になる買い物ですので、そこには資産価値がついて回ります。
どんな品物でも、「耐用年数」というものがあり、新品状態から使用するごとに確実にその耐久性は下がります。
エンジンやトランスミッションなど、複雑な構造のパーツを組み合わせて作られる自動車は、外装がどれほど綺麗な状態でも内部の状況は判断しづらいものです。
車両の年式も重要なポイントのひとつですが、これはあくまでも目安となるもので、年式=価格ではありません。

 

自動車が移動のための手段ということから、走らせた使用頻度=走行距離としてある程度見当をつけることが出来るため、年式よりも走行距離の方が査定では重要視されます。
同じ年式の同一モデルであっても、走行距離が3,000kmの車両と、走行距離5,000kmの車両では前者に軍配が上がり、資産価値は上と評価されます。
稀少価値の高いクラシックカーや、プレミアのついた特別仕様車などはこの限りではありませんが、一般的にはこのように解釈しておけば間違いではないでしょう。
そのため、あまり車に乗る機会がない方の場合は、年数経過によって資産価値が目減りしていく前に、低走行距離のうちに売却するほうが総合的に見てお得と言えます。
税金の納付や車検のタイミングなども大事ですが、走行距離のことを頭に入れておくことで、より上手な売却タイミングを考えることが出来るようになります。

知らないと損をする!愛車を査定に出す前に一括査定業者をチェック!

 

▼▼おすすめの車買取り一括査定業者TOP5 ▼▼

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説